前へ
次へ

熱中症に罹った時は医療機関で適切な処置を

夏は至る所で熱中症に対する注意も呼び掛けられていますが、熱中症は春や冬でも起こり得るため、季節に関係なく留意しておくのがベストです。
冬は猛暑に晒されるリスクは少ない反面、脱水症状を経て熱中症へと至る確率が高くなっています。
冬は空気が乾いていますから、手がカサカサになるように、意外と体の水分が奪われていくのです。
しかも冬は熱中症になるとは思いもよらないため、こまめな水分補給を心掛けていない場合も少なくありません。
それどころかトイレが近くなるのを嫌い、水分摂取を避けることすらあるでしょう。
つまり冬は脱水症状が起きやすい時期であり、熱中症にも注意が必要なのです。
特にホットカーペットや電気毛布を使って寝ている高齢者や小さなお子様は、就寝中に発症するパターンもあるので気をつけておきましょう。
そして万が一熱中症になった時は、内科などの医療機関で診てもらうのが肝心です。
医療機関なら必要に応じて点滴でも水分補給ができるため、家庭ではできない処置も行えます。
ただし意識がハッキリしない場合や、酷い倦怠感に見舞われている際は、救急車を呼んだ方が良いでしょう。

元住吉にあるアルバ(ALBA)歯科は交通アクセスの良い場所にある歯科医院です

できるだけ歯を抜かない歯列矯正
マウスピースやブラケットを使用して抜かない矯正治療を心がけています

ソアン治療院は不眠に効果のある鍼治療を行っています

透明なマウスピースで歯の治療

無料で使える!札幌の介護求人サイト

Page Top